ドッグフードは年齢に応じて変える?

  • 添加物
前へ
次へ

ドッグフードは年齢に応じて変える?

人間にも授乳期や、離乳食、普通食があるように、犬にも年齢によってドッグフードを変える必要があります。
赤ちゃんの犬に、成犬用のドライフードを与えても、固くて食べられなかったり、成長過程なので必要な栄養素が不足したりするからです。

犬は、初めの一年で著しい成長を遂げます。
子犬から成犬になるまで、犬種にもよりますが、おおむね一年と考えられています。
この子犬の時期には、成長するために、成犬よりも多くの栄養素を必要とします。
子犬用のドッグフードには、必要な栄養素が含まれているので、子犬の時期には子犬用ドッグフードを使用するといいでしょう。

しかし、成犬になっても、子犬用を与え続けていると、栄養が過剰になってしまい、肥満につながります。
犬の成犬期は、1年から7年が目安となります。
成犬になったら成犬用ドッグフードを使用し、健康管理することが必要です。

ドッグフードを変更する場合には、これまで食べていたものに新しいフードを少しずつ混ぜて、様子を見ながら徐々に変更することが重要です。
いきなり変更すると、犬も戸惑ってしまい、人間との信頼関係に支障をきたすことも考えられます。
また、犬と相性の良いドッグフードなのかを見極めるためにも、少しずつ変える必要があります。

7歳を越えて、老犬になってきたと感じた時には、老犬用のドッグフードの導入を考える時期になります。
老犬期http://www.vancouverislanddiet.com/siniamuke.htmlになると、体の機能も低下し始めます。
特に塩分量に気を付ける必要があります。
塩分が過剰なってしまうと、腎臓などに負担がかかり疾患を招く原因にもなります。
ドッグフードの固さも考える必要も出てきます。
成犬期には、喜んで食べてくれたフードも、老犬期になると、好みが変わったり、噛む力が弱くなってしまい、食べにくくなってしまう事も考えられるからです。

また、犬は小型よりも大型の方が老化が早いといわれています。
毎日犬の様子を見守り、年齢に合わせた適切なフードを与えることが、ともに生きる時間を長くすることにもつながるのです。

ページのトップへ戻る