カナダ産のドッグフード

  • 添加物
前へ
次へ

カナダ産のドッグフード

海外産のドッグフードについて考えたことはありますか。
カナダは、ドッグフードの先進国として有名な国です。
日本の法律では、人間の食品への基準と、ペットへの食品基準が違うため、ドッグフードに人間が食べられない危険な添加物や、酸化防止剤などが含まれている可能性は否定できません。
国産のフードが信用できないのであれば、ドッグフード先進国であるカナダ産のドッグフードを愛犬に与える方法も選択肢の一つです。

日本の法律では、ドッグフードの食品の安全性は確立されていないのが現状です。
人間用としては到底食べられることのできない粗悪な肉などを肉類、ミール、ミート類などと肉そのものを連想させるような表記で、成分表示に記していても、法律違反には当たりません。
また、人が食べるものに入れてはいけない、または発がん性が懸念されているような添加物や、防腐剤、酸化防止剤などがペットフードに入っていても販売可能な制度の下で、ドッグフードが製造されています。
ドッグフードの安全基準に関しては、日本はまだまだ後進国といえるのです。

カナダや欧米では日本に比べて、ペットフードの安全基準が確立されており、安全なフードを製造しているのです。

日本に輸入されている有名なカナダ産のフードは、犬にとって重要な動物性タンパク質である、肉や、魚が含まれている率が高く、添加物などの使用も少ない事が人気の秘密です。

しかしカナダ産だから必ずしも良いという訳では決してなく、成分を確認することは必要です。
犬にとって必要な成分がしっかり配合されているのかは、どのフードを選択する場合でも重要事項です。

それに日本製のフードのすべてが有害という訳ではありません。
粗悪なものも一部にあるために、全体的に悪いイメージがついてしまっている感も確かにありますが、国内産でも優良なフードは存在します。

ペット先進国のなかでも最上級はドイツのドッグフードですが、カナダも負けず劣りません。
オリジンのドッグフードは原材料から製造までカナダで一貫して作られていることで有名です。 犬の安全を重視されている方は、こちらの情報を参考にして頂き、ベストな対応に繋がりますと幸いです。

ページのトップへ戻る