ドッグフード選びの基準とは

  • 添加物
前へ
次へ

ドッグフード選びの基準とは

毎日の食事は人間同様、犬にとっても、健康維持に関わる重要なものです。
犬自身は、自分が食べるドッグフードを選べません。
飼い主である人間が正しい知識を持ち、適切なドッグフードを選択することが必要になってきます。
では、適切なドッグフードはどのように選んだらよいのでしょうか。

犬はもともと肉食の動物なので、必要な栄養素は人間とは違います。
主食は肉であり、穀類の消化は苦手であることをまず覚えておくとわかりやすいです。

ドッグフードの成分表示には、成分の多い順に表示する決まりがあります。
一番初めに、穀類の名前があるものは、避けた方が無難といえます。
消化の苦手が穀類が主成分であると、消化不良を起こして、体調を崩したリ、穀物アレルギーになる恐れもあるからです。
安価なものは、かさを増すためにトウモロコシなどの穀類を多用しているものが多いので注意が必要です。

最も多く含まれる成分には、鶏肉や、馬肉、ささみなど、具体的な肉の名前が明記されているものを選ぶと良いでしょう。
肉類や、ミート、ミールなど、肉を連想させる表示でも、具体名ではないものには、人間が食べられない肉が含まれている可能性があります。
病気になった動物や、死骸、毛、蹄、排泄物などが混ざっていても、そのような表示になるからです。
「犬専用の食べ物です」などという注意書きがあるものは、人間の食品の安全基準にそぐわないものが含まれているという意味にもとれます。
細部まで成分表示や、注意書きを確認することが重要なのです。

化学添加物や、防腐剤が含まれているものも、犬には与えたくない成分です。
特に危険な物質は、エトキシキン、BHA、BHTなどの化学物質です。
石油や、ガソリンなどの酸化防止剤として開発されていたもので、発がんの危険性も否定できません。

ドッグフードを選ぶときには、肉や魚など動物性たんぱく質を主成分としているものが適切です。
また、無添加か、ハーブなど天然由来の添加物で作られているものが安心です。
安価なものを選んで、将来的に病院にお金をかけるよりも、少しぐらいは高くても、毎日健康に暮らせるドッグフードを選択してあげる事が、愛犬との大切な時間を多く過ごせることにつながります。

ページのトップへ戻る