穀物不使用のドッグフードとは

  • 添加物
前へ
次へ

穀物不使用のドッグフードとは

犬は今は雑食ですが、祖先はオオカミで肉食の動物です。
だから犬も肉食寄りの雑食といえます。
雑食や草食の動物のように、穀類を消化する酵素を持っていない動物なので、穀類の消化は苦手としています。
犬にとって、過度の穀類は消化不良を起こしたリ、穀物アレルギーになる可能性があります。
そこで、グレインフリーとも呼ばれる穀物不使用のドッグフードが役立ちます。

一般的に売られているドッグフードには、かさ増しや、コスト削減の為に、穀類が使われていることが多いです。
しかし、本来肉食であった犬にとっては、穀類は必要な栄養素ではありません。
穀類などの炭水化物は、犬の体の中で糖類となり、過剰に摂取すると、体内脂肪となり、肥満や、疾患につながります。
肉や、魚などの動物性のタンパク質は、体を作る基礎となり、代謝を助けます。
生命維持に欠かせない成分ともいえるタンパク質は、過剰に摂取したとしても、自然に体外に排出され、肥満にもなりにくいと言えます。
犬のエネルギー源としても、炭水化物よりも、タンパク質の方が適しているのです。

また、老犬期には、タンパク質の代謝が衰えるので、食事からタンパク質を摂取する必要があります。
消化機能も衰えてくるので、穀物の多いドッグフードは、体に負担もかかります。
老犬期には、特に穀物不使用のドッグフードが適しているのです。

穀物不使用と一口に言っても、穀物の代わりにイモ類が使用されているものも存在します。
イモ類は、炭水化物です。
炭水化物http://ohdarke.ohgenweb.net/tannsuikabutu.htmlは前述したとおり、過剰摂取は、肥満や疾患の原因になる成分です。
穀物不使用という言葉だけに頼らず、しっかりと成分表を確認することが大切です。

犬にとって重要なのは、穀物不使用というよりも、肉や魚などの動物性タンパク質が主原料であることなのです。
良質な動物性タンパク質と必須アミノ酸をドッグフードから取り込むことで、犬の健康維持に役立つのです。
人気ドッグフードランキングを見ても穀物不使用のものが常にトップです。

ページのトップへ戻る